1. TOP
  2. 境内の野鳥
  3. 境内の野鳥「ジョウビタキ」

境内の野鳥「ジョウビタキ」

境内にもジョウビタキがやってきました。冬が近づいてきています。

日本では冬鳥で、積雪のない地方で越冬し、平地から低山の農耕地、住宅地、公園、河原などに生息します。名前のジョウは「尉」で銀髪のことで、ヒタキは「火焚」、火打石をたたく音に似た音を出すことからジョウビタキの名がついています。オスは頭が銀白色、顔は黒色、腹は赤茶色。メスは体が灰色味のある茶色。翼に白斑があります。

DSC00829

(写真は総社宮の千木にとまっていた雌鳥です)