タイサンボクの花が咲いています

タイサンボクの花が咲いています。

タイサンボクは、北米中南部が原産で、花期は5~7月頃です。日本では公園樹としてよく植栽されています。

放置すると樹高20メートル以上にもなりますが、よく分枝して剪定にも耐えるため、庭木として植える方も多いです。

総社宮の社殿左前にあります。

DSC06090

西浦荒神社プロフィール

西浦荒神社
西浦荒神社
古来から人間は、火に対して畏れの気持ちと感謝の気持ちを持ち、家の守護神として、作物の神として信仰してきました。激しい霊威、神威をもたれているので、火の神、竈の神を荒神と呼んでいます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です