境内の野鳥 「シロハラ」

DSC04584

西浦荒神社・総社宮には色々な野鳥がやってきます。シロハラはスズメ目ツグミ科に分類される鳥で、東アジアに分布し、中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島・中国で越冬する渡り鳥です。その名の通りお腹のところが白色です。

西浦荒神社プロフィール

西浦荒神社
西浦荒神社
古来から人間は、火に対して畏れの気持ちと感謝の気持ちを持ち、家の守護神として、作物の神として信仰してきました。激しい霊威、神威をもたれているので、火の神、竈の神を荒神と呼んでいます。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です