総社宮「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」「夏祭」「茅の輪神事」斎行のご案内

 下記日程にて、我が国で古来より行われてきました「夏越大祓(なごしのおおはらえ)」「夏祭」「茅の輪神事」を総社宮にて執り行います。

「大祓」は日頃の生活で、知らず知らずに身についた「つみ」「けがれ」を祓い清め、新たな清々しい心身で過ごせるよう神様に祈願致します神事です。

 拝殿前参道にて「茅の輪くぐり」神事も執り行います。茅の輪は例年通り、神事後一週間ほど設置しております。無病息災・疫病退散を願いおくぐり下さい。

 

令和4年7月24日(日)午後5時より 総社宮

 尚、ご参列・ご参拝・茅の輪くぐりの方々には新型コロナウイルス感染予防の為、手指の消毒、マスクの着用、人との間隔をとるなどのご協力をいただけます様お願いいたします。

西浦荒神社プロフィール

西浦荒神社
西浦荒神社
古来から人間は、火に対して畏れの気持ちと感謝の気持ちを持ち、家の守護神として、作物の神として信仰してきました。激しい霊威、神威をもたれているので、火の神、竈の神を荒神と呼んでいます。

前の記事

七五三まいりのご案内